卵を床に落としちゃった!割れた卵を無駄にしない活用法3選

*この記事はPRを含みます

卵を料理に使おうと思ったら、手がすべって床にぐしゃり!…なんて経験は多くの方にあると思います。割れた卵をそのまま捨てるのはもったいない、何かに活用できないかな? そんなときにおすすめの、割れた卵の活用方法をご紹介します。

スポンサーリンク

卵をパックごと落とした場合

買ってきた卵をパックごと落として中身が外に出ていない場合は、その日に加熱調理すれば卵を食べることができます

ポイントは、
・殻の破片をきれいに取り除く
・黄身と白身が完全に固まるまで加熱する
・なるべく早く食べる

ことです。

卵の殻には、食中毒の原因となる「サルモネラ菌」が付着している可能性があります。このサルモネラ菌は、食品の中心が75℃になる温度で1分以上加熱することで殺菌できます(*1)

そのため、割れた卵は生では食べず、十分に加熱してから食べましょう。目安は、黄身と白身のどちらも完全に固まる程度です。

また、調理したらなるべく早く食べることもポイント。できれば2時間以内に食べると安心です。なお、殻を取り除くのが難しい場合は、食べずに別の方法に活用しましょう。

スポンサーリンク

卵を直で床に落としてしまった場合

卵をそのまま直で床に落とした場合は、食べるのに抵抗がありますよね。そんなときは、調理以外で卵を活用しましょう。

1.髪の毛のパックに使う

卵には、髪の毛の成分となるアミノ酸が豊富に含まれているため、ヘアパックとして活用することができます。

落とした卵の殻を除いて黄身と白身を混ぜ、シャンプーする前の髪の毛によく馴染ませましょう。20~30分ほどおいたら、いつも通りにシャンプーとトリートメントをします。

なお、卵にオイルやはちみつを加えると、よりヘアパックの効果が高まります。下のレシピを参考に作ってみて下さいね。

・卵 1個
・はちみつ 大さじ1
・オイル 大さじ1

オイルは食用油で大丈夫ですが、オリーブオイルやココナツオイルがおすすめです。

2.肌のパックに使う

栄養価の高い卵は美容効果もあり、お肌のパックに使うこともできます。ここでは、卵白と卵黄に分けたパックの仕方を紹介します。

卵白パックの方法

卵白には角質を柔らかくする成分が含まれているため、洗顔前に行うのがおすすめです。

①卵白を切るように混ぜ、塩(酢やレモン汁でもOK)を加える
②手やブラシで卵白を肌に伸ばす
③5~10分おいたら洗い流す

卵白はそのままだと肌に伸ばしにくいですが、塩や酢を加えるとタンパク質が固まって扱いやすくなります。

なお、サルモネラ菌が付着している可能性があるため、口や目の近くには塗らないように注意して下さい。また、肌が敏感な方はパッチテストを行うことをおすすめします。

卵黄パックの方法

①卵黄にオイル大さじ1弱を加えて混ぜる
②手やブラシで肌に伸ばす
③5~10分おいたら洗い流す

卵黄には各種のビタミンやアミノ酸が豊富に含まれています。オリーブオイルやココナツオイルを混ぜることで、保湿効果が期待できますよ。食べ切れなかったバナナやアボカドなどを一緒に使うのもおすすめです。

こちらも、卵白パックと同様に目や口に入らないよう注意して下さいね。

3.洗顔に使う

卵白は、泡立てて洗顔に使うこともできます。方法は、以下を参考にして下さいね。

①卵白に塩を加え、泡立て器やミキサーで撹拌する
②泡を肌にのせて、指でクルクルと肌を洗う
③よく洗い流す

卵白で作ったふわふわのメレンゲは、気持ちよくさっぱりと肌を洗うことができます。残った卵黄は、卵黄パックに使ってみて下さいね。

落とした卵は捨てずに使おう!

今回は、床に落として割れてしまった卵の活用法について紹介させていただきました!

じつは今朝、私自身が卵を落として割ってしまい、この卵を無駄にせず何かに使えないか…と考えたことが今回の記事を書くきっかけとなりました(笑)

私はアレルギーや敏感肌ではないので、これらの方法を試しても問題はありませんが、体質によっては何らかの影響が出る場合も考えられますので、ご自身の体質に合わせてご活用ください。

参考文献
*1 有薗幸司編『食べ物と健康 食品の安全』改訂第2版, 2018

タイトルとURLをコピーしました